GameSnatch

GameSnatch

【Cyberpunk 2077】ウィッチャー開発チームの半数がCyberpunkの開発に移行!更なる次世代RPGに期待!

201511021958

「Cyberpunk 2077」への移行が着々と進んでいるようです。

“The Witcher 3”チームの半数以上が「Cyberpunk 2077」開発に移行、CD PRがGolden Joystick会場で言及 « doope! 国内外のゲーム情報総合サイト
Michal Nowakowski氏によると、現在のThe Witcherチーム(Red)は2つに大きく分割されており、大規模なチームが“The Witcher 3: Wild Hunt”の拡張パック“Blood and Wine”開発に従事する一方で、これよりも多くの開発者が初期段階にある“Cyberpunk 2077”のチーム(Black)にフルタイムで参加しているとのこと。

 

大規模拡張DLC第一弾が配信され、まだまだ勢いを見せる「ウィッチャー 3 ワイルドハント」を開発したCD Projekt Redの次作となる「Cyberpunk 2077」の開発情報が明らかになっています。「ウィッチャー 3」の開発チームは現在大きく二つに分割され、半分の人員が「ウィッチャー 3」の第二弾DLC「血塗られた美酒(Blood and Wine)」の開発に、そして残りの半分の人員は「Cyberpunk 2077」の初期段階の開発に携わっているとのことです。

近未来のサイバーパンクRPGということで期待が大きい「Cyberpunk 2077」ですが、以前のインタビューで「ウィッチャー 3」よりもはるかに規模が大きくなるとのコメントもあり、まだまだ開発も初期段階とのことですが待ち望んでいる方も多いと思います。「ウィッチャー 3」も残すところDLCあと一つ(ただし20時間規模の大規模なもの)となりましたので、今後は「Cyberpunk 2077」の情報の露出がぼちぼち出てくる段階に進んだと見てよいでしょう。続報に期待していきます。

【関連記事】【Cyberpunk 2077】ウィッチャー3より遥かに規模が大きくもはや未知の領域!期待するしかない! | GameSnatch

ウィッチャー3 ワイルドハント
スパイク・チュンソフト (2015-05-21)
売り上げランキング: 81

コメントはこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebookコメント

Return Top