GameSnatch

GameSnatch

【Guitar Hero LIVE】5年越しの新作海外レビューが公開!ライバルRock Band 4との対決が気になる!

201510211849

海外で復活した音ゲー「Guitar Hero LIVE」の海外レビューです。

Choke Point | 『Guitar Hero Live』海外レビュー
9.5/10 Destructoid
『Guitar Hero Live』には完全に不意を突かれた。新たなコントローラー・デザインは最高だし、実写部分も予想以上に上手く機能しており、Guitar Hero TVのチャンネル・コンセプトには夢中にさせられた。今後は、新曲の追加で自らを刷新していってもらいたい。
9.0/10 God is a Geek
『Guitar Hero Live』にここまで夢中になるとは想像していなかった。新しいギターは素晴らしい出来で、全てが新鮮に感じられる。しかし、GHTVこそが真の革新で、望むだけプレーを続けることが可能になったのだ。途中で止めたくなったらそうすれば良いし、何の罰則もない。2人目のプレーヤーですら、プレーを中断せずに抜けることが可能なのだ。キャリア・モードの実写も何故か機能しており、エキサイティングだ。『Guitar Hero Live』はシリーズの華麗な帰還であり、関係者全員が胸を張るべきであり、このジャンルのファンにとっては斬新で魅惑的な作品だ。文句なく素晴らしい。
9.0/10 TheSixthAxis
90/100 GamingTrend
8.7/10 GameTrailers
8.3/10 Lazygamer
『Guitar Hero Live』は、ベテランに全く新しい体験を提供しつつ、デジタル・ロック・キャリアを歩み始めた者にすら優しい。手堅い仕上がりではあるものの、ストリーミング・サービスGHTVに多少の改善を加えれば、必携のタイトルになっていただろう。
8.0/10 Shacknews
4.0/5.0 Digital Spy
新しいギターを手にして最初のコードを弾いた瞬間から、『Guitar Hero Live』はエキサイティングかつ革新的で、久しぶりに帰ってきたジャンルの自然な進化形に感じられる。
4.0/10 Arcade Sushi
4.0/5.0 Hardcore Gamer
7.9/10 IGN
多くの面で、私の『Guitar Hero Live』体験は、Faith No Moreの”Epic”のサビの歌詞「全てが欲しいのに手に入らない」が要約してくれている。リアルであろうとバーチャルであろうと、幾らつぎ込んでもディスクに収録された42曲しか所有することができないのだ。それでも、私の楽しみが削がれることは無かった。新たなギターは曲の演奏を明確に改善しているし、GHTVは一切の課金無しでお気に入り楽曲を楽しみながら新たな曲を発見させてくれるという、効し難い魅力を備えたサービスに仕上がっている。『Guitar Hero Live』は、必ずしもシリーズにかつての栄光の日々を取り戻すゲームではないかもしれないが、ここまで新鮮で大胆な『Guitar Hero』は本当に久しぶりだ。
7.5/10 Game Informer
私は『Guitar Hero Live』が気に入った。開発元FreeStyleは、音楽ゲームのフォーミュラに、革新的で魅力的なバリエーションを作り上げている。しかし、プレーするうちに興奮が冷めていくのを感じ、お気に入りの楽曲をプレーできない不満が爆発寸前に。
7.0/10 ZTGD
7.0/10 Gameplanet
7.0/10 Metro GameCentral
3.5/5.0 The Escapist
3.5/5.0 Game Revolution
6.0/10 GameSpot
刷新された『Guitar Hero Live』のメカニックは、音楽主導ゲームプレーに新鮮さと楽しさを取り戻しており、それ自体はジャンル全体にとって極めて大きく意義深い変化ではあるものの、キャンペーンの不愉快な演出とGHTVの深いな課金要素が、ゲームプレーを取り巻く体験を台無しにしている。それでも、この見事な革新だけで新たなギターを手にロックする価値があるかもしれない。

 

海外で5年ぶりの復活を果たす音ゲー「Guitar Hero LIVE」の海外レビューが公開されています。各メディアの評価は比較的高くまとまっており、6ボタンとなる新型コントローラーやストリーミングサービスとなるGuitar Hero TVに高評価が集まっています。欠点としてはDLC楽曲がないことが読み取れますが、詳細はこのレビューからはよく理解できません。

ちなみにメタスコアはこちら。

201510211900 201510211901

PS4版が78点、XboxOne版が82点と高スタートをきっていますが、ユーザースコアが低いのが少し気にかかります。そして5年前に発売されたGuitar Hero Warriors of Rockのメタスコアはこちら。201510211904

「Warriors of Rock」(Guitar Hero 6作目)が発売された2010年は北米での音ゲーがやや食傷ぎみとなってきた頃でした。今年同じく復活を果たしたライバルとなる「Rock Band 4」のメタスコアもついでに載せておきます。

201510211902

復活前のGuitar HeroとRock Bandは互換性のある同じ仕様のコントローラーを使用するまさに音ゲーのライバル同士でしたが、最新作では明らかに方向性に違いがでていて、差別化が図られています。

Guitar Hero LIVEは新型コントローラを使用(過去のシリーズとの互換性なし)、ストリーミングサービスによる楽曲配信と過去シリーズからの脱却を目指しています。かたやRock Band 4は過去のDLCを利用可能(過去シリーズで購入したDLC楽曲が利用可能)、コントローラも同じ仕様で操作性は変更されていません。

この辺りの方向性の違いがユーザーからの支持にどのように影響があるか非常に興味深いです。

個人的にこれらのシリーズの大ファンですので今作も購入しました。Rock Band 4は過去のDLCをかなり購入済みですのでXBoxOne版を注文し、今月末には到着予定。Guitar Hero LIVEは過去作との互換性はないためPS4版を注文し、来月頭には到着予定。ストリーミングサービスなどが国内から利用可能かどうかなどは不明な点も多いですが、ソフト到着後には本ブログで購入レポを掲載したいと思います。

【関連記事】【Guitar Hero Live】音ゲーの復権なるか!?一人称視点、ストリーミング配信で復興を狙う! | GameSnatch
【関連記事】【Rock Band 4】海外レビューが解禁!メタスコア81点の好スタート!北米音ゲーの復権なるか? | GameSnatch

Guitar Hero Live 2pk Bundle
Guitar Hero Live 2pk Bundle

posted with amazlet at 15.10.21
Activision (2015-10-20)
Guitar Hero Live 2pk Bundle
Guitar Hero Live 2pk Bundle

posted with amazlet at 15.10.21
Activision (2015-10-20)

コメントはこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebookコメント

Return Top