GameSnatch

GameSnatch

【Journey Of The Light】Steamで配信→誰もクリアできない→未完成疑惑→返金処理へ

201508120020

誰もクリアできないゲームが配信され返金処理へ。

「誰もクリアできないゲーム」がSteam上で発売停止へ、未完成ゲームであることを隠すためゲームを攻略不可に? | AUTOMATON
2015年5月22日からSteamにて発売されていたパズルアドベンチャーゲーム『Journey Of The Light』の販売が停止された。『Journey Of The Light』は、発売してからクリアできた者が一人も登場せず注目が集まっていた作品である。現在は開発者に詐欺の嫌疑がかけられている状況だが、当人は行方をくらませており真相は闇の中だ。Valveは『Journey Of The Light』の購入者に対し、無条件で全額返金する旨を発表している。
(中略)
Kres氏は「たぶんところどころ難しいので、コミュニティハブのガイドをチェックしてみよう。あるいはそれを書く最初の人になろう!」と同作を紹介している。しかし発売から数週間が経っても、攻略ガイドを書くどころか、最初の章であるチャプター1をクリアしたと報告する人すら登場しない状況が続いていた。一部の購入者たちは公式フォーラムでなんとかゲームをクリアしようと模索し、一部の購入者たちは返金要請と共にレビューにて酷評を叩きつけていた。
(中略)
つまりここで浮上したのが、Kres氏が『Journey Of The Light』を完成させていないまま販売していたのではないかという疑惑である。商品説明ではチャプター8まで存在すると紹介されているものの、実際には一つのチャプターしか完成しておらず、そしてチャプター1に細工をしてクリア不可にすればゲームが未完成であることは誰にもわからない。
これに加えて、Kres氏が購入者に対して「Steamカードがヒントになる」と何度か伝えていたことも判明した。Steamカードはそのゲームを2時間プレイしないと出現せず、そして2時間プレイしたゲームはSteam返金システムから返金することができなくなる。このことから、Kres氏が未完成の『Journey Of The Light』を売り逃げようとしたのではないかという詐欺疑惑が一気に拡散した。

 

Steamで配信された「Journey Of The Light」というソフトが誰一人クリアできずに返金処理が発表されています。まだ詐欺だと確定した訳ではありませんが、色々と開発者の言動が騙す気まんまんに見える(笑)。ファミコンの名作(?)「たけしの挑戦状」のように、難しすぎて攻略情報なしではクリアできないのであれば、話題にもなり売り上げも増えるかもですが、今回のソフトは解析した上でクリア不可能のようです。国内では被害者は少ないでしょうが、真相は如何に。

アサシン クリード シンジケート
ユービーアイソフト (2015-11-12)
売り上げランキング: 262
マッドマックス 初回生産限定リッパーDLCコード同梱
ワーナー・エンターテインメント・ジャパン (2015-10-01)
売り上げランキング: 255

コメントはこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebookコメント

Return Top