GameSnatch

GameSnatch

【オクトダッド -タコと呼ばないで-】国内配信が8月6日に決定!タコになりきるアクションアドベンチャー!

201507112107

やっと国内配信日が決定。8月6日ダウンロード開始。

オクトダッド -タコと呼ばないで- | ソフトウェアカタログ | プレイステーション® オフィシャルサイト
『オクトダッド -タコと呼ばないで-』は、主人公・オクトダッド(タコ親父)が自身をタコであることを家族に隠しながら生活するという、奇天烈な設定で展開するアクションゲーム。彼は、グニャグニャ伸びる触手で階段を登ったり、バナナの皮をむいたり、熱心な寿司職人に狙われたりと奇想天外な毎日を過ごしている。
プレイヤーはそんなオクトダッドをマリオネットのように操り、タコである事実に気付かれないよう、“コーヒーを淹れろ”、“ミルクを娘に与えろ”といったミッションをクリアしていくことになる。シュールな内容だが、ただのアクションゲームとは一味違う未体験のプレイ感覚に、虜になること間違いなし!
201507112120

 

見た目は完全にタコなのに、タコとばれないようにミッションをクリアしていくアクションアドベンチャー、「オクトダッド」の配信日が8月6日に決定したようです。海外では2014年に配信済みでしたが、国内版の配信日はなかなか決まりませんでした。シュールなゲーム性ですが、海外のレビューではそこそこの評価を獲得しています。

Choke Point | 『Octodad: Dadliest Catch』海外レビュー
91/100 GamesBeat
『Octodad: Dadliest Catch』は、ゲームプレーを通じてメッセージを伝えるゲームの好例だ。物語とキャラクター、設定、操作性の融合によって、極端な余所者が馴染もうとする姿、家族のために正しいことをしようとする姿を、温かい目で描いている。
私は大いに気に入った。ゲーミングは大人になった。『Octodad: Dadliest Catch』はその最高の証拠である。
9.0/10 EGM
巧みに構築され、エンターテイメント性は尽きることがなく、思いのほか心温まる『Octodad: Dadliest Catch』は、かなりバカバカしいコンセプトを、近年でもっと驚くべきゲーム体験へと見事に変貌させている。
8.0/10 Video Gamer
8.0/10 Destructoid
4.0/5.0 Giant Bomb
7.8/10 IGN
7.0/10 Polygon
3.5/5.0 Games Radar
3.5/5.0 Hardcore Gamer Magazine
6.5/10 NowGamer
3.0/5.0 Joystiq
5.0/10 Edge Magazine

 

こちらも本日開催されたBitsummit 2015からの情報ですが、インディーが今熱いですね。大手開発会社は収益性のある大作ソフトがメインとなってきているので、独創的で魅力ある作品をインディーに期待したいと思います。

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ライトブルー/ホワイト (PCH-2000ZA14)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2013-10-10)
売り上げランキング: 231

 

コメントはこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Facebookコメント

Return Top